クレジットカードはブラックでも作れるのか

キャッシングを利用した時に延滞や返済不能になったことがあり、信用情報会社にブラック情報がある人は、クレジットカード作成は可能でしょうか。クレジットカードは、ブラック状態にある人でも、発行可能なこともあります。ただし、どういう理由でブラックになったしまったかによって、クレジットカードの申込みの審査結果は大きく変わります。自己破産や、個人再生が5年以上前の話なら、新しく金融商品を使うことができます。個人再生や、自己破産をしてから10年以上たっていなければ、銀行は融資をしない可能性があります。弁護士と、金融会社との間でやり取りが成立すれば、裁判所を間におかずに、任意整理をすることが可能です。金融サービスの審査内容は非公開なので、信用情報機関の中には、その時の記録が存在していないことがあります。金融会社サイドからすれば、信用情報会社に何も情報が残っていない限り問題のない顧客ですから、審査に通るかもしれません。同じようにクレジットカードの申込みをした場合、審査に通る会社もあれば、通らない会社もあるということになります。信用情報会社の中には、返済を3カ月以上延ばしたことがある人の記録は、5年間残すという場合と、1年で消すという場合などがあるようです。ある信用情報会社の情報が消えていても、別の信用情報会社の情報も消えているとは限りません。自己破産や、債権整理によってブラックリストに名前が入ってしまった場合、クレジットカード会社によっては1年以上たっていれば問題なく発行されますが、7年以上待つ必要があることもあります。美白化粧品

あわせて読みたい