葬儀で親が喪主をしたこと

2年連続祖父母なくなって父が喪主をして、親戚一同みんな初めてで戸惑ってばかりだったのですが、葬儀場の方たちが丁寧に順序教えてくれました。そして心遣い優しくて安心して送り出せました。

そして家に線香をあげに来てもらう形を取り、時間、日程を決めてその間に来てもらって、皆さん私服で香典などはないです。

そして学会にしか友人がいなくて親戚少ないときは香典少なくなり、葬儀は家族葬なら喪主が勤行をして、友人含むときは地区の偉い方に依頼します。

そして葬儀マナーは事前に勉強しなくては悲しい気分になり、過去一度葬儀に参列して友人が事故でなくなったとき、その時葬儀のマナーよく知らなくてはじをかいたのです。

しかし葬儀通し故人の人生ひとつづつ感じられて、参加者全員感動しました。

そしてみんなあいさつしたとき故人を思い出されてとても感激したのです。

そして、突如葬儀参列の場面があり、しっかり事前勉強が必要です。そして、喪主になるなら、しっかりできるようにしてもらいたいです。

家族葬に初めて参列などがゆっくりできてよかったです。
いまは喪中はがきはいつから販売されるか?など他愛のない話を繰り返しています。

そして、義兄の父が喪主となって、故人をなくされた経緯を母に葬儀前私の母に涙ながら話してたのが印象深いです。